脊椎外科

脊椎外科グループ

概要

岡山大学整形外科の脊椎・脊髄グループでは、全般的な脊椎・脊髄疾患の診察、治療を行っております。治療に難渋する例の多い脊柱変形、靭帯骨化症、脊髄腫瘍、多数回脊椎手術例のような疾患の診療に常時対応しておりますが、一方で、頚椎症性脊髄症、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアなど頻度の多い疾患に対しても手術を含めた治療を行っております。

毎週月曜日、火曜日、木曜日に脊椎脊髄専門外来を、月曜日、水曜日、金曜日に手術治療を行っております。

機材写真

より安全に手術を行うために、ほぼすべての手術で脊髄モニタリングを使用しております。脊髄モニタリングによって手術中にリアルタイムで神経の状態を確認することができます。

機材写真

金属のスクリューを使用する手術ではO-armナビゲーションシステムを使用しております。

機材写真
機材写真

スクリュー挿入部の周囲には神経や血管などの重要な組織があるため、スクリュー挿入の際には常にこれらの組織を損傷する可能性があります。O-armナビゲーションシステムでは手術中にCTを撮影し、コンピューターの画面からどの位置にスクリューが挿入されているかリアルタイムで確認することができ、より安全にスクリューを挿入することが可能です

診療疾患

  • 脊柱側弯症
    (特発性側弯症、先天性側弯症、症候性側弯症、成人脊柱変形)
  • 脊髄腫瘍、脊椎腫瘍
  • 靭帯骨化症(後縦靭帯、前縦靭帯、黄色靭帯)
  • 頚椎症性脊髄症、頸椎症性神経根症
  • 頚椎椎間板ヘルニア
  • 胸髄症
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰椎分離症
  • 脊椎圧迫骨折
  • 脊髄損傷を伴った脊椎外傷
  • リウマチ性脊椎炎
  • 透析脊椎症
  • 化膿性脊椎炎
  • キアリ奇形
  • 脊髄係留症候群 など

研究内容

  • 脊柱側彎症の病態,外科療法
  • リウマチ性脊椎炎の病態,外科療法
  • 脊椎脊髄腫瘍の切除・再建
  • 新しい骨セメントの開発
  • ナビゲーションを用いた脊椎手術

メンバー

  • 三澤 治夫
  • 瀧川 朋亨
  • 鉄永 倫子
  • 山根健太郎
  • 村岡 聡介
  • 辻  寛謙
  • 髙尾真一郎

Web Site

PDF

脊椎・脊髄グループ(PDF:73KB)